2017/02/25

ウズベキスタン電車時間表 電車チケットの手配

タシケント発  サマルカンド行の電車
電車

1等
2等
760 特急 (Afrosiab)
7:00
9:10
毎日
17USD
21USD
762 特急  (Afrosiab)
8:00
10:10
毎日
17USD
21USD
010 普通列車  (Sharq)
08:20
11:25
毎日
13USD
17USD
008普通列車  (Nasaf)
18:13
21:23
-
13USD
17USD
午後出発の列車(Sharq)
18:25
21:50
金、
13USD
17USD
夜行電車
22:00
02:00
毎日
13USD
17USD
コンパートメント

サマルカンド発 タシケント行の電車
電車

1等
2等
761特急(Afrosiab)
17:00
19:10
毎日
17USD
21USD
759特急 (Afrosiab)
18:00
20:10
毎日
17USD
21USD
009普通列車 (Sharq)
10:35
13:54
毎日
13USD
17USD
007普通列車 (Nasaf)
11:59
15:05
-
13USD
17USD
午後出発の列車(Sharq)
19:30
23:05
金、
13USD
17USD
夜行電車
01:20
05:35
毎日
13USD
17USD
コンパートメント

タシケント発 ブハラ行の電車

電車

1等
2等
762 特急 (Afrosiab)
8:00
11:50
每天
23USD
28USD
010 普通列車 (Sharq)
08:20
14:36
每天
16USD
36USD
コンパートメント
662夜行列車 
21:10
07:00
每天
17USD
指定席
22USD
コンパートメント

ブハラ発 タシケント行の電車
電車

1等
2等
761 特急 (Afrosiab)
15:20
19:10
每天
23USD
28USD
009 普通列車 (Sharq)
07:28
13:54
每天
16USD
36USD
コンパートメント
661夜行電車
20:30
06:30
每天
17USD
指定席
22USD
コンパートメント

電車のチケットは出発日40日前購入出来ます。

詳しくはメールにてお問い合わせください:oksankajp@gmail.com

2017/02/15

トルクメニスタン世界遺産ツアー   三日/二泊 

ルート:Dashoguz – Kunya-Urgench – Darvaza – Ashgabat – Mary/Merv – Turkmenabat - Farap

一日目  国境 -クニャ・ウルゲンチ - Darvaza (420 km)
国境、トルクメニスタン側でビザの手続きをします。国境を越えてから、トルクメニスタン側でガイドさんに合流して、  専用車にてクニャ・ウルゲンチまで進みます(110km
クニャ・ウルゲンチ遺跡観光 (世界遺産)

クニヤ-ウルゲンチはアム・ダリヤ川の南側に位置し、古くはアケメネス朝の領土の一部で、中世にはホラズム地方の中心地でした。旧市街は主に1116世紀の一連の遺跡群を含んでおり、その中にはモスク、隊商宿の門の数々、要塞都市郡、霊廟及びミナレット(尖塔)などがあります。遺跡群は卓越した建築技術や職人芸の展示場ともいえるもので、その影響はイランやアフガニスタン、後には16世紀インドのムガール帝国の建築にまで及んだ。

トルクメン伝統料理の昼ごはん専用車にてDarvazaへ移動しますDarvazaに到着、Darvazaの景色を楽しみます晩御飯します
テント、又はチャイハネにて宿泊します



二日目  Darvaza – アシハバード (260 km/ 約4時間)
朝ごはん後、アシハバードへ出発します。途中、もう二つのクレータを観察出来ます。(水と硫黄
途中、砂漠の村を¥見学して、トルクメン人のの地上的な生活を見てみます。
13:00頃アシハバードのホテルに到着します。
午後:アシハバード市内観光 (独立広場、中立広場など)。又、ニサ遺跡を観光します(世界遺産)

ニサ遺跡はパルティア王国(中国名「安息国」)発祥の都市遺跡です。紀元前3世紀から紀元後3世紀にかけて強大な力を誇った。現在のニッサは新旧二つの丘状の遺跡で、40もの塔に囲まれた王の城砦跡が旧ニッサ、そこから1.5㎞北西の、高さ9mの城壁で囲まれた市街地跡が新ニッサです。2000年にわたって襲撃を受けなかった旧ニッサからは神殿や宮殿、貯水池などの遺構のほか、大理石製の神像や象牙製の杯など、ヘレニズムや西ローマ帝国の影響を受けた美術品が多く発掘され、ニッサが中央アジアと地中海方面の文化交流点だったことと同時に、パルティア王国の威光や富を伝えています。

アシハバードのホテルにて宿泊します。



三日目 アシハバード  – Mary (飛行機) – Merv – Farap 国境 ウズベキスタン (ブハラ)

朝、飛行機にてマリーへ  (フライト40/ Boeing 737/717).
国立歴史文化公園“古代メルフ” (世界遺産)を観光します。

メルフはトルクメニスタン、マルギアーナ(ムルガブ川流域地方の古名)の旧中心都市です。中央アジアのシルクロード沿いのオアシス都市のなかでも、最古の、また最も良好に保存されている都市址です。前1千年紀半ばに興隆し、パルティア時代とササン朝時代初期に栄えました。その後盛衰を繰り返したが、19世紀に廃墟と化しました。古代の女神や動物の土偶、中世の骨壷や彩画陶器などの美術的遺物、セルジューク帝国のスルタン・サンジャルの霊廟、パルティア時代のストゥーパ跡などが残りました。


観光が終わった後、専用車にて国境へ進みます。

参加人数
一人のお客様に当たっての
このツアーの料金(ドル)2017
1名様
1165 (一人部屋宿泊)
2名様
730 二人部屋宿泊)
3名様
715
4名様
655
5名様
615


ツアー代金に含まれるもの:
  トルクメニスタン・ビザ・サポート(現地旅行会社からのインビテーション)
  トルクメニスタン国境からの専用車(4wd) 
  英語/日本語ガイドサービス
  トルクメニスタン伝統料理(2食)ー Darwazaでの晩御飯と朝ご飯
  キャンピング道具
  テント(又は、チャイハネ)の宿泊
  アシハバードの宿泊 (一泊、朝ご飯含めて)
  観光場所の入場券
  アシハバードーマリー 航空券 (エコノミークラス)

ツアー代金に含まれないもの:

  Migration Duty (トルクメニスタン国境でお一人様14ドルを払います)
  トルクメニスタンビザ代(5181ドル、国境で支払いします)
  ビザ用の写真代(ご持参で国境までお持ちください)
  ヒバのご宿泊先からトルクメニスタン国境までの送迎代
  チップ
  ダルワザ以外の昼ご飯/晩御飯
  1人部屋追加代金 -35ドル